痛くないデピライトの効果と特徴

デピライトは痛みが少ないが脱毛時間はかかる

脱毛の痛みが少ない脱毛法デピライトデピライトは痛みが少ないが脱毛時間はかかる費用はどんな機器を使用しているかによっても違うのでチェック

照射スピードがとても速く、スルスルと照射していく感じです。
ただ、照射ヘッドはとても小さい印象です。
調べてみると照射ヘッドのサイズは1cm×1cmしかありません。
そのため照射ヘッドはスルスル動かすのですが、何度も細かく、丁寧に動かしていかなければならず、その結果両ワキ脱毛で10〜15分程度、下半身は1時間程度の時間がかかりました。
遅いとは言いませんが、早いとも言い難いのが正直なところです。
このデピライトを選んだのは、痛みが少ないからだけではありません。
それが一番の理由ではあるのですが、色素の薄い毛の人にも同じ効果が期待できるという点も選んだ理由です。

【徹底解説】デピライトってどんな脱毛器?痛い?効果は?日焼けOK?産毛OK? | 脱毛 with me? #脱毛器解説 #医療脱毛 #脱毛 #レーザー脱毛 #レーザー脱毛機 #アラサーからの脱毛 #30代女子の脱毛 #医療脱毛vs光脱毛 #絶対医療 https://t.co/dMx7t7Qzae

— ゆっぴー (@yuppyjappy) October 9, 2019
それは脱毛の仕組みの違いによるのですが、一般的な脱毛機器は毛の黒い色素に狙いをさだめてレーザー光を照射するのに対して、デピライトは毛の色素ではなく毛根を包み込んでいる毛包に狙いをさだめてレーザー光を照射するため、色素の濃い薄いは関係がないのです。
そのため日焼けした色黒の肌の方でも問題ありません。
白髪や金髪、産毛でもOKとのことでした。
対応範囲がとても広いということです。
では、問題はないのでしょうか。
デメリットを挙げるとすれば、脱毛期間がやや長いことでしょうか。
全身脱毛は1回の施術ですべてが終わるわけではありません。